注文住宅を建てる前に富山を知る

富山県は、北陸地方にあり、日本海に面している県です。

合掌造りの集落が世界遺産にもなっており、大自然の中を峡谷鉄道が走っているとても素晴らしいところです。

北陸地方だけあって冬はとても寒いというイメージがあります。

実際に富山県は、県内の全域が豪雪地帯に指定されているほどで、標高の高い山岳地帯は、特に寒さが厳しいです。

立山周辺が現存する氷河が確認されている日本で唯一の場所なのです。

沿岸部に行くほど暖かく、内陸部は最高気温と最低気温の差が大きくて寒さも厳しいです。

冬がとても寒いから夏はさぞ過ごしやすいだろうと思ってしまいますが、夏は夏で北陸地方特有のフェーン現象の影響で気温と湿度と共に高くて、屋内にも冷房なしでは過ごすことができないほどです。

そんな独特の気候の富山県なので、一般的な注文住宅の工法では、強い風やたくさんの雪で外壁や屋根が壊れてしまったり、冬の結露で窓の周辺が傷んでしまったりします。

そうならないためにも注文住宅を建てる際には、断熱設備など考慮すべき点がいくつかあります。

夏はとても暑くて、冬はとてつもなく寒い。

なんとも住むのに厳しい感じもする富山県ですが、注文住宅を建てられるのなら、大自然がある環境はとても素晴らしいので、是非快適に過ごせるような素晴らしい注文住宅を建ててください。

その為にはいくつか考えなければならないことがあります。

厳しい冬を乗り切るためには、熱が逃げずに暖かい環境を維持する気密性と外の気候に左右されず快適さを保つための断熱性、雪深い富山県ならではの問題である雪に耐えられる耐久性は重要です。

そして、夏の特に梅雨の時期には、湿気も気になります。

木造の家は、鉄筋コンクリートなどのマンションに比べて、カビや菌が繁殖しやすくなります。

木造の注文住宅を考えているのであれば、日当たりを良くし、風通しも良くできるように窓や換気扇にも気を配る必要があります。

こういった事を考慮して注文住宅を建てるには、富山の地域に密着している住宅会社を選ばなければなりません。

いくつかある住宅会社を比較できるサイトがこちらになります。

富山の注文住宅メーカーをお探しですか?